Tokyoスイソ推進チームとは?

Tokyoスイソ推進チームについて

チーム発足の目的

水素エネルギーの普及に向け、官民両輪によるムーブメントを醸成すべく、民間企業や都内自治体等と共に「Tokyoスイソ推進チーム」(略称:チームすいすい)を発足させました。
本チームの発足により、先進事例の情報共有や共通の情報発信など、志を同じくする官民の多くの団体と共に、水素エネルギーの普及に向けた取組を広く展開してまいります。

水素推進宣言「水素が動かす、東京の未来」

水素推進宣言 水素が動かす、東京の未来

この宣言には、チームの参加団体が一体となって水素エネルギーの活用を進めることにより、東京を持続可能な環境都市へと大きく前進させていきたいという思いを込めました。また、都民の皆様に水素エネルギーの普及が進むことで東京が変わりつつあることを感じ取っていただければと思います。

東京水素の日 2月1日

東京水素の日2月1日

水素の分子量2.01にちなみ、2月1日を東京水素の日とします。毎年この時期にチームで連携した普及啓発イベントを開催する予定です。

水素エネルギーのPRチラシの作成

Tokyoスイソ推進チームの共通の広報媒体として、水素エネルギーのPRチラシを作成いたしました。
水素エネルギーが普及することによるメリットや有用性について、普段水素エネルギーに馴染みの無い方にもわかりやすくイメージしていただける内容としております。

参加団体一覧

  • 合計119団体(PDF:141KB)(令和2年9月1日現在)
  • 大学、協会、技術組合等(13団体)
  • 民間企業(82団体)
  • 都内自治体(24団体)